失恋シンガー

自分の送別会の準備とか荷造り、
そして引っ越してきてからの部屋づくりの際
ずーっとBGMにしていたのが
清水あつしさんの曲です。

 

いつかライブに行きたいけれど、
関西中心っぽいからなぁ…とか思って調べてみたら、
なんと超グッドタイミングで東京でやっとるやないか!

 

 

さっそく行ってきました。
田無というところ。
1日たったらすぐ忘れるけど東京は広い。
行くのに小一時間くらいかかりました。

 

田無なおきちというカフェで
原田茶飯事さんと清水あつしさんの生音ライブ。
小さいお店でしたが満席ぎゅうぎゅう。
2人とも熱い恋の歌を歌うのです。
特に清水さんは失恋シンガーと呼ばれているらしい。

確かに元恋人の家の近くを徘徊する歌とか印象的。

 

 

失恋とはものすごいエネルギーを生み出します。
例えばこの小さなカフェでも目の前で渦巻いているし。


過去にSCRAPで開催した
「最強失恋伝説決定戦」というものがありました。
クリスマスイヴだというのに会場は満員、
すごい熱量の登壇者ばかりでずっと楽しかったです。

かの有名な失恋回復手帳っていうものもある。
荷造り中に自分で実際に使ったものが出てきて、
開いてみたら3日で回復していた。

 


高校の時ロングヘアーをボブ、いや、
当時ボブという言葉すら無かったかもしれないけど、
(レオンのマチルダに憧れてだな…)
バッサリ切ったら当時付き合っていた人にフラれた事がありました。

 

その時は失恋カラオケと称して何曲もラブソングを歌ったし、
隙あらばチャリで逃げる元彼を走って追いかけたり。
あの頃の私は間違いなく周りの友人にエンターテイメントを提供していました。

 

 

清水あつしさんを教えてくれたのは、最近ずっと好きだった男の子でした。
よく「愛しのサマンサ」を口ずさんでいた彼。
CD焼いてくれたのが最後、音信不通になりましたけど。


いや、何だよ音信普通って!
「みほさんはこの曲が好きそう」とか言ったり、盤面に似顔絵まで描いてくれたのに!
くそっ、くそっ!!

 

帰りの電車で、
最後に2人で歌っていた原田茶飯事さんと清水あつしさんの姿を思い出して
失恋はエンタメだなぁ
と思いました。

 

http://instagram.com/p/pymq8SRG9g/

 

(肖像権とか無いから!だそうです。そして原田さんと相席だった)

 

いつも失恋したら
小説書けそう!とか、
ラブソング作りたい!とか言うけど
実行できたことはただの一度もありません。

広告を非表示にする