恐山でイタコに会いたい!~青森観光編~

「好きな少年漫画は?」と聞かれたら、即答でシャーマンキングと答えます。

好きなんです。ずっと。大学の卒業旅行は島根をゴリ押しして20人くらいで出雲大社に行きました。

 

そんな私がもうひとつ、どうしても行ってみたかったのが

 

恐山

 

そう、恐山でイタコの口寄せをやってもらいたい!

 

念願叶って去年!行ってきました!

調べている時に、交通機関とか地域の情報とか色んなページぐるぐるしたし、ポップな恐山観光ブログが少なかったので、青森&恐山観光してみたいな~ってうっすら思ってる人の参考になればと思います。2016年の記録です。

f:id:fukumoco:20171007185902j:image

 

 

いつ行くのか

恐山に行けば必ずイタコに会えるのかというと、そういうわけではないようです。恐山大祭の時期だけイタコの方々がやってきて口寄せをしてくれて、それを聞くために全国から人々が集まって列をなしているとのこと。

恐山大祭 | 下北ナビ

時期は7月20日~24日、そして秋詣りが毎年10月上旬の3連休。1年の中でも数日しかチャンスが無いし、そもそも青森ってめちゃくちゃ遠いからミスは許されない旅なのです!だからめちゃくちゃ調べたし、青森を堪能してきたよ!

 

 まず参考にしたのは東京別視点ガイドさんの記事。 

www.another-tokyo.com

夏に11時間並んで…という内容で震えあがりました。

 

諸々考慮して

平日である10月7日に青森市観光、恐山のある下北宿泊

10月8日朝一タクシーで恐山へ

というプランに。青森市からむつ市の下北までは電車で2時間弱となります。

 

ちなみに全行程一人です。夜行バスで青森まで行って、日の出と共にタクシーで恐山行こう!なんて言って誰かを誘う勇気は私にはない!

 

時間とお金に追われる貧乏旅行だったので、その辺の記録をちゃんとつけておきました。

 

 

20:30 青森に向けて出発

夜行バスヘビーユーザーの私は勿論青森もバスで!

いつも夜行バス比較ナビというサイトで夜行バスを探しております。東京と青森を結ぶのは弘南バスのパンダ号。名前が可愛い。曜日によって金額は違うけど、私は連休前だったので6500円でした。平日は4000円で青森まで行けるなんて夢あるな~。

 

「北に向かうものは本当に上野から出発するんだなぁ」なんて思いながら上野駅に到着。バス乗り場がわからなくて半泣きになりながらも無事バスに乗り込みました。

20時半に乗って朝の6時に到着という予定。お尻爆発しちゃうよ…。しかもまさかの即消灯でした。案外寝ました。

 

f:id:fukumoco:20171007104447j:plain

途中のサービスエリアで北に来たことを実感。

 

 

6:00 青森市到着

寒い。弘前出身の友人に気候を聞いて、ちゃんと秋用のコートを着てきたけど、それでも朝は寒かったです。しかしその寒さに「北国だ~!」とテンション爆上がり。寒いの好きやねん。

 

f:id:fukumoco:20161007064931j:plain

 

f:id:fukumoco:20161007070530j:plain

 

f:id:fukumoco:20161007065253j:plain

朝の港町の雰囲気を堪能しながらウロウロ。

 

f:id:fukumoco:20161007070116j:plain

雰囲気ありまくりな夜のお店たちを眺めてふんふん。

 

こんな早朝からどこへ行くかというと…

 

 

 

7:00 青森まちなかおんせん

f:id:fukumoco:20161007070743j:plain

お風呂!!

 

6時からやっていて、入浴料金なんと450円。東京の銭湯より安い!と思ったら、青森の銭湯の統一料金なんですね。

いやいや、銭湯?って言っても広くて綺麗だし、浴場の壁に市内観光案内があったり、露天風呂もあって天然温泉で450円て。到着1時間足らずで青森の素晴らしさに浸かりました。どっぷり。

 

青森まちなか温泉

・青森駅から徒歩10分以内

・入浴料450円 

 

9:00 朝食に青森のっけ丼

f:id:fukumoco:20161007093243j:plain

 

青森魚菜センター内で「のっけ丼」を頂きました。

 

f:id:fukumoco:20161007095238j:plain

1080円で10枚つづりの食券を買って(今サイト見たら去年より値上げして1300円だった…)

f:id:fukumoco:20171007104531j:plain

ご飯は並み盛りで食券1枚と交換。ご飯をよそってもらったら、市場内をぐるぐるまわって好きな魚介類を食券と交換してポンポンとご飯にのっけてもらうのです。

 

f:id:fukumoco:20161007094454j:plain

f:id:fukumoco:20161007094745j:plain

食材やお店によって、1枚で刺身2切れだったり、2枚でほたて一皿だったり。自分の手持ち枚数とのっけて欲しいものを色々計算しながら何周も市場をまわることになります。

 

f:id:fukumoco:20161007093938j:plain

f:id:fukumoco:20161007093649j:plain

 

そして出来あがったのっけ丼はこちら

f:id:fukumoco:20161007095647j:plain

子どもの味覚ですみません…!卵が好きなんや!真ん中のは子持ちヤリイカ。ちょっと珍しいと思うんですけどどうでしょう。

f:id:fukumoco:20161007095701j:plain

ホヤの塩辛なんてものもありますから…。

 

元祖 青森のっけ丼

・青森駅から徒歩10分以内(青森まちなかおんせんからスグ)

・食事券10枚綴り1300円

 

 

10:30 ねぶたの家 ワ・ラッセ

f:id:fukumoco:20161007110129j:plain

なんか尖りまくってる建物ですが、こちらはねぶたミュージアム。

 

青森といえばねぶた。大型のねぶたがドンドンドンッと展示されています。

f:id:fukumoco:20161007112218j:plain

青森といえば~とか言ってるけど、ねぶたって実際行ったことないからイメージ写真みたいなのでしか思い浮かばなかったんですけど、間近で見たらその圧倒的デカさと、細やかな作りにびっくりします。ねぶた囃子もずっと流れてるから、なんかぽや~んとしてしまいました。

 

f:id:fukumoco:20161007114258j:plain

こんな可愛いのもあるんだ!って見ていたら、若手の女性ねぶた師が制作したねぶただそうです。女性初のねぶた師で…っていうねぶた師紹介のパネルもついつい見入ってしまうし、実際に太鼓を叩いたり、ねぶたのパーツが触れたりして、ちょっと寄るだけのつもりだったのに結構真剣に見学してました。

 

ねぶたの家 ワ・ラッセ

・青森駅からスグ

・入場料金600円

 

 

 

11:30 青森県観光物産館アスパム

こちらもなかなか不思議なフォルムの外観だったのですが、津軽三味線の演奏が聴けます。無料で!

f:id:fukumoco:20161007120445j:plain

1日2回、11:30からと14:00から30分間ずつ演奏されています。

 

青森県観光物産館アスパム

・青森駅から徒歩10分以内

・無料(展望台などは有料)

 

 

12:30 青森県立美術館

f:id:fukumoco:20161007125318j:plain

私の中ではこの日のメイン!

青森駅からバスで20分くらいで、主要観光地だから沢山バスが出てると思ったら普通に1時間に1本しかないのでびっくりしました。着いたらちゃんと帰りの時刻表もチェックしておきましょう。

青森駅発バス時刻表

 

シャトルバスもあるようです。

(こっちも合わせたら1時間に1本ってわけではないのかな)

ねぶたん号|青森市観光情報サイト「あおもり案内名人」

 

 

ここはあれですよ。

 

f:id:fukumoco:20161007140447j:plain

大きい犬のいるところです。

 

奈良美智さんの作品「あおもり犬」

青森行った人だいたいここ行く!写真あげてる!羨ましい!ずっと私も撮りたかった!

f:id:fukumoco:20171007104723j:plain

(かれこれ5年くらい行く先々でジャンプしている写真を集めています)

 

満足しました。

 

青森県立美術館

・青森駅から三内丸山遺跡行きバスで20分

バス停「県立美術館前」スグ

・入館料510円

 

 

14:30 三内丸山遺跡

f:id:fukumoco:20161007151548j:plain

教科書で見たことあるやつ!

 

縄文時代の遺跡で、お墓や住居などを見学してまわれます。おじいちゃんおばあちゃんたちに混ざってガイドツアーに参加してみました。

資料館も併設されているのですが、時間がなかったので遺跡を駆け足で見てまわって駅前に戻りました。

 

 

公式ホームページ 特別史跡「三内丸山遺跡」

・青森駅からバスで30分 バス亭「三内丸山遺跡」

美術館から歩けます

・無料

 

 

15:40 味の札幌 大西

f:id:fukumoco:20161007160844j:plain

お昼ごはん(には遅いけど)にピッタリな青森のご当地グルメって何かあるかしら?と調べると「味噌カレー牛乳ラーメン」なるものが引っかかりました。

味噌もカレーも牛乳もラーメンも好きだけど、そんな全部乗せて大丈夫?まぁでも海鮮はよそでも食べられるけど味噌カレー牛乳ラーメンはここでしか食べられない!多分!

 

togech.jp

何店舗かあるようなのでこちらの記事を参考にしつつ、「味の札幌 大西」へ。

 

感想としては思ったよりマイルドでした。ご飯をダイブさせると予想通りうまい。ちょっと全部食べられるか不安でしたが、梅干しに助けられました。

f:id:fukumoco:20171007104845j:plain

 

味の札幌 大西 - 青森/ラーメン [食べログ]

・青森駅から徒歩10分以内

・味噌カレー牛乳ラーメン 830円

 

・ライス 100円

・梅 無料

 

 

16:30 青森駅周辺

青森市って都会なんだな~!やっぱり田舎育ちとしては、地方都市に行った時にめちゃくちゃ感動するんですよね。ここにも「街」がある!って。

 

青森人のソウルフードといわれる「イギリストースト」を求めてデパ地下のパン屋へ行ったものの売り切れ…

f:id:fukumoco:20171007104925j:plain

ぽつんと残ったマーガリンサンド…。

 

結局デイリーヤマザキで見つけました。

f:id:fukumoco:20171007104937j:plain

ちょっとシュールね。

 

f:id:fukumoco:20171007104910j:plain

これって全国津々浦々にあるんですね。

 

 

17:20 青森駅から下北駅へ 青い森鉄道

f:id:fukumoco:20171007105920j:plain

さて、恐山のあるむつ市下北へ向かいます。乗り換え駅である野辺地まで青い森鉄道で。

 

f:id:fukumoco:20171007105031j:plain

青い森鉄道グッズが自動販売機で売っていました。

 

乗り替えてJR大湊線で下北駅に到着!

f:id:fukumoco:20171007105107j:plain

とうとうここまで来てしまった…!

 

f:id:fukumoco:20171007105046p:plain

無駄にマップアプリで現在地を見てみたり…(青森来てから何回もやってる)。

本当に!私!この本州のフックみたいになってるところにいるんだ~!すごい!めっちゃ北じゃん!って一人で駅前で自撮りしていました。

 

・青森駅から下北駅まで1時間45分

・青森~野辺地1040円、野辺地~下北1140円

 

 後編に続きます。